内容が異なる

保険ってなに?保険とは予測不可能な事故が原因で発生した財産上の損失を最小限にするために、立場が同じ複数の者が定められた保険料を掛け金として納め、集めた積立金によって不幸にも事故が発生した者に規定の保険金を給付する制度なのです。
北海道拓殖銀行が営業終了した1998年6月、大蔵省(省庁再編後財務省)銀行局や証券局等が所掌していた業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に関する部分のセクションを区分して、総理府(当時)の内部部局ではなく外局のひとつ、金融監督庁なるものを発足させたのです。
覚えておこう、ペイオフの内容⇒防ぎきれなかった金融機関の経営の破綻に伴って、金融危機に対応するための法律、預金保険法の定めにより保護する個人や法人等の預金者の預金債権に対して、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事である。
いずれにしても「金融仲介機能」と「信用創造機能」加えて「決済機能」以上、3機能の総称を銀行の3大機能と言うのである。この機能は「預金」「融資」「為替」という銀行の本業あわせてその銀行自身の信用力によってこそ実現されていると考えられる。
我々の言う「失われた10年」が指すのは、ある国そのものの、またはある地域における経済が10年以上の長きに及ぶ不況並びに停滞に襲われていた10年を語るときに使う言い回しである。
北海道拓殖銀行が営業終了した1998年12月、旧総理府の内部部局ではなく外局として大臣を組織の委員長と定められた新たな機関、金融再生委員会が設置され、のちに金融庁となる金融監督庁は2001年の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管轄下に3年弱置かれていたことが多い。
【解説】ロイズっていうのは、ロンドンのシティ(金融街)にある世界有数の保険市場なのである。イギリスの議会による制定法の規定に基づき法人と定義された、ブローカー(保険契約仲介業者)そしてそのシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合そのものを指す場合もある。日経ドカン 2ch
【用語】外貨MMFとは?⇒現在、日本国内で売買してもよいとされている外貨建て商品の名称である。外貨預金と比較して利回りがずいぶんよく、為替の変動による利益が非課税であるという魅力がある。すぐに証券会社で購入しよう。
つまり安定という面で魅力的ということに加え活動的なこれまでにない金融システムを生み出すためには、民間の金融機関と行政(国)が双方が持つ解決するべき問題に積極的に取り組まなければ。
簡単にわかる解説。外貨預金というのは銀行で取り扱っている資金運用商品の一つのことで、外貨で預金する商品の事。為替の変動によって発生した利益を得られる可能性があるけれども、同時に差損が発生するというリスクもある(為替リスク)。
【解説】スウィーブサービスってどういうこと?預金口座と同一金融グループの証券取引口座、2つの口座の間で、株式等の資金や利益などが手続き不要で振替してくれるぜひ利用したいサービスである。同一金融グループによる優良顧客を囲い込むための作戦である。
Y2Kともいわれた2000年7月、大蔵省(当時)からそれまで大蔵省の中心業務の一つであった金融制度の企画立案事務を統合したうえで平成10年に誕生した金融監督庁を金融庁(現金融庁の前身ともいえる)に組織を変更。さらには2001年1月、管理していた金融再生委員会が廃止され、内閣府直属の外局の「新」金融庁となったのです。
1973年に設立された日本証券業協会では、協会員である金融機関が行う有価証券に係る取引等を厳正で円滑にし、金融商品取引業の調和のとれたさらなる成長を図り、投資者の保護を事業の目的としているのだ。
そのとおり、第二種金融商品取引業者(一種業者とは取り扱い内容が異なる)が新たにファンドを発売し、適切に運営していくためには、とんでもなくたくさんの「やるべきこと」、業者として「やってはいけないこと」が規則により求められているのであります。
説明:「失われた10年」というのは、一つの国全体であったりどこかの地域の経済が約10年程度以上の長い期間にわたって不況、併せて停滞にぼろぼろにされた時代を表す語である。

広告を非表示にする